読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミス日本ボランティア協会活動報告

ミス日本
引き継ぎが無事に終わったので
2015年度ミス日本ボランティア協会代表として
1年間の活動報告を載せさせて頂きます!

f:id:erika0706:20160219182626j:image

まず去年の5月に
児童養護施設へ
JAL現役パイロットで
紙ひこうき記録保持者の先生をお迎えして
紙ひこうき教室を開催し

子供たちと
ゴールデンウィークの思い出を作ってきました。

f:id:erika0706:20160219181849j:image

紙ひこうきは
羽の微妙な角度の違いでも
飛距離が変わったりと奥が深く

高学年の子まで
夢中になって遊んでくれ
会場は笑い声で溢れていました。

教室の終わりには
今回のボランティアに参加して下さった
パイロット、キャビンアテンダント
そしてミス日本の皆様に
夢についてお話して頂きました。

仲間をつくろう!
好きな事を見つけてみよう!
何事にも挑戦しよう!

そんな皆さんの経験からくる
想いの詰まったお話に
子供達は必死に耳を傾けてくれました。

いつか
夢に向かって頑張ろうと思った時や
壁にぶつかった時に

ふと思い出してくれたら
背中を押してくれる
そんなあたたかい言葉で溢れていたので

子供達が
楽しかった思い出と共に
覚えていてくれたらと願っています。

お別れの時には
私たちが見えなくなるまで
"またねー!!!"と
叫びながら見送ってくれて

とっても嬉しかったのと同時に

今まで
様々なボランティアで
児童養護施設の子供たちと
一緒に過ごしましたが

"またね!"とお互い言い合える
そんな継続して
成長を一緒に感じられることが
ボランティアとして
出来ることのひとつであるのではないかと感じたので
今後も児童養護施設と連携し
引き続きミス日本ボランティアを通して
子供達といろんな思い出を一緒に作って行けたらと思います。

f:id:erika0706:20160219181913j:image

ご協力して下さった
ジャルパックの皆様
児童養護施設の皆様
参加して下さったミス日本の皆様
事務局の先生方

さらに
ご寄付を下さった
やまとなでしこ会
片岡会長
本当ありがとうございました。

f:id:erika0706:20160219181933j:image

その後
秋には
初代ミス日本ボランティア協会代表で
現在はスリーハーツ財団の代表を務る
新井寿枝さんがタイで主催された
環境保護のチャリティーイベントへ
参加させて頂きました。

f:id:erika0706:20160219181946j:image

1000人近い参加者の前で
ミスタイランドの方々と
ゴミをリサイクルして作ったドレスを着てランウェイを歩く
ファッションショーに出演しました。
とてもゴミで作ったと思えない
素晴らしいファッションショーで

参加者の特に子供たちに
自分がゴミだと思っているものは
本当はゴミではないかもしれないと
強い衝撃を与え

ゴミを捨てる時
ショーを思い出し
リサイクルを考えてくれるのではないかと思います。

f:id:erika0706:20160219182122j:image

またそのあと参加者全員で
町のごみ拾い清掃を行ったことにより
参加者はもうポイ捨てをしなくなると思いますし
ごみ拾いの大行列を見た街の人たちの心にも
響くものがあったのではと思います。

f:id:erika0706:20160219182300j:image

これからを担う子供に
このような
机に向かうだけではない
感性を刺激する
メッセージ性のある教育をしていくことこそ
世界の環境問題を解決する糸口になってくれるのではと感じました。

f:id:erika0706:20160219182218j:image

環境問題という
ヘビーなテーマ

大体は
余りにも大きすぎる規模の問題に
途方に暮れ
自分が何かしたところで変えられることはあるのかと
絶望してしまう可能性もある
難しい世界的問題です…

でもそれを
ちゃんと現実を伝えつつも

視点を変えれば
ゴミはゴミでなくなるんだ!

そしてみんなで活動すれば
街は本当に綺麗になるんだ!

そんな
意外なインパクトと達成感で
みんなが楽しくて笑顔になれる

本当に素晴らしい
チャリティーイベントでした。

ミス日本ボランティア協会としても
このようなイベントを開催して行けるよう
今回私が体験させてもらった経験も
次の代へ引き継げたらと思います。

スリーハーツ財団の皆様
そして新井寿枝さん
ありがとうございました。

f:id:erika0706:20160219182151j:image

1年という任期の中で
私の力不足より
企画書段階で
実現が間に合わなかったものがいくつもあります。
たくさんの方に
ご指導ご鞭撻を頂いたにも関わらず
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
皆様からのお言葉を無駄にしないよう
しっかり次の代へ引き継ぎをさせて頂きます。

私自身
代表を務めたことにより
ミス日本という大きなネームバリューをもつ自分たちは
社会に対して何ができるかを
より深く考える良い機会を頂けたこと
感謝致します。

任期は終わりましたが
代表を勤めて学んだことを活かし
これからも自分が社会に何が出来るのかを
探求し続けて行きたいと思います。

ありがとうございました。

f:id:erika0706:20160219182659j:image